プラセンタには多くの種類があるの?

プラセンタには、人・馬・豚・羊由来の動物性のものと、植物性、海洋性のものがあります。
今1番人気があるプラセンタは馬プラセンタ効果に期待が持てる馬プラセンタサプリです。
馬プラセンタ効果について詳しいことは
馬プラセンタの効果で若返り
プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことで、一般的にその胎盤から有効成分を抽出したものをプラセンタと言います。
しかし、近年登場しているプラセンタに植物性プラセンタと海洋性プラセンタがあります。
植物性・海洋性プラセンタには胎盤がないのにプラセンタと言われています。

 

胎盤がないことで植物性・海洋性プラセンタは、プラセンタの特徴でもある、細胞自体を活性化させることができる、成長因子(グロースファクター)を含んでいません。
そのため、植物性・海洋性プラセンタは、美容やアンチエイジングに効果が期待できる、動物性のプラセンタと同じ成長因子の効果を感じることはできません。
つまり美容効果を関じることはできるかもしれませんが、健康効果を感じることは困難かもしれません。
登場して注目を浴びている植物性・動物性プラセンタで素が詳しくその2つを見ていきましょう。

 

 

胎盤がないのどうして植物性プラセンタなの?

植物性プラセンタには胎盤がないのになぜプラセンタと言われるのでしょうか?

 

植物の芽が出る部分の胚芽にある胎座は、植物を成長させるために必要な栄養分が貯蓄されています。
母体からの栄養や酸素を受け取っている胎盤と同じような働きをしている胎座は、英語だとプラセンタと言われいます。
そのため、植物の胎座から抽出された有効成分のことを、胎盤がなくても植物プラセンタと言えるのです。

 

植物には胎盤がないため、動物性プラセンタの特徴である成長因子が含まれていませんが、アミノ酸やミネラル、コラーゲンなどのたくさんの美容成分が含まれています。
植物プラセンタは、アロエベラ・アセロラ・ライ麦・大豆などの植物の胎座が使用されており、抽出された有効成分は美白や美肌の効果が期待できるので、多くのスキンケア用品などに使用されています。

 

■植物プラセンタの特徴
・天然由来の成分なので安全性が高い
・味やニオイが気にならない
・いくつかの種類の植物から抽出された有効成分が混ぜられて作られる

 

植物性プラセンタは天然由来の有効成分なので、動物性プラセンタの感染症やワクチンなどの薬剤の心配がないため、安全性が一番高いといわれている馬プラセンタよりも、より安心とされています。
美容効果を最優先にほしい、体に優しい自然派のプラセンタが欲しいという人にはおすすめできます。

 

海洋性プラセンタもプラセンタの仲間なの?

海洋性プラセンタの場合、主に鮭の卵巣膜が原料になっていますが、植物プラセンタと同じく成長因子が含まれておらず、英語でもプラセンタとは言われていないため、プラセンタとは違う物と考えたほうがいいかも知れません。

 

しかし、体内で作ることができる非必須アミノ酸の1つである、グリシンが豊富に含まれていて睡眠・抗うつ・美肌への効果があると言われています。
うつ病の原因と言われる脳内神経伝達物質であるセロトニンの不足を、グリシンはセロトニンを増加させる効果があるため、うつ病の改善に期待ができます。

 

また、他のプラセンタには含まれていない、潤い成分であるエラスチンが海洋性プラセンタにだけ含まれています。
海洋性プラセンタは、肌の弾力を支える重要な成分であるコラーゲンを作るためのアミノ酸の3分の1を占めているグリシンと、潤い成分であるエラスチンによって、ハリと弾力を保つ美しい肌になることが期待できます。
植物性と同じように美容効果が大半を占めていると考えられます。

 

本物のプラセンタとしては認められない2つのプラセンタ?!

植物性プラセンタや海洋性プラセンタは、やはり成長因子が含まれていないため、健康の面では期待できません。
本物のプラセンタと呼ばれる馬をはじめとする豚や羊は、胎盤があるため成長因子を含んでいます。
成長因子の作用によって細胞レベルに働きかけることができるため体の内側からげんきに若返ることができるとされています。
よって植物性・動物性プラセンタは美容の面でたくさんの効果を期待する成分といえるでしょう。
その多くはサプリやパックに含まれているものが多いです。

 

美容や健康、全体的な効果を期待するならば、やはり動物性プラセンタ、中でも安全性が高く高品質のものが多い馬プラセンタがおすすめです。